冬に食べて欲しい牡蠣

みなさま、こんにちは

寒い日が続いておりますが、日光が射すと温かく感じる事もあり、少しほっとしますね。

寒いには嫌ですが、寒くないと食べれないものもあり、牡蠣は寒い時期とても美味しいです。
美容にもよく栄養たっぷりです。

牡蠣に多い成分は亜鉛です。なかなか摂りにくいミネラルですので、積極的に摂りたい食品です。
亜鉛はお肌や粘膜の維持、そして味覚やホルモンの構成成分と体の中でたいせつな役割をもっています。
疲れをとってくれるタウリンやエネルギーになりやすいグリコーゲンなど、食べるとお肌も体も元気になる成分がたっぷりです。

牡蠣を食べるときに注意してほしいのは衛生的に扱う事です。
そして体調が悪い時は避ける事です。

当たり食材でもあります。
普通くらいの体調があるときに、そして食べ過ぎないように注意しながら
お召し上がりください。

本日も最後までお読み頂きまして、ありがとうございます。

関連記事

  1. 体、全部乾燥注意。

  2. 冬は「蔵」の季節

  3. 昨日は節分、今日は立春

  4. アロマオイルで血行促進

  5. 「しわ」とコラーゲンの効果

  6. 朝のハーブティ