お腹の冷えに注意

みなさま、こんにちは。

日々、暖かいような、涼しいような気温差が大きくて迷ってしまいますが、その中で暑いと感じるとすぐに冷たいもの食べたくなります。

まず、飲み物が冷たいものへ、そしてアイスクリームが食べたくなります。

この寒暖差の中で急に温度が上がると体は急に温度を下げたくて冷たいものを欲しくなりますが、思いのまま冷たいものを飲食するとお腹が冷えてきます。

お腹が冷えると体のだるさに繋がり、お肌にもくすみなどに繋がっていきます。

飲み物は常温を選ぶようにしてください。そして朝と夕はまだ涼しいですので、温かい飲み物をとるようにしてください。

緑茶は東洋医学では「涼」体を冷やす作用があります。

少し温かい緑茶がおすすめです。

本日も最後までお読み頂きまして、ありがとうございます。

関連記事

  1. ヘスペリジンとコラーゲン

  2. 春を養うお灸

  3. 食品のGI値と選び方

  4. 気圧の変化でもスッキリしたい。

  5. 紫外線は年々つよくなる

  6. お灸の心地よい季節