日焼け止めを賢く使おう!

みなさま、こんにちは!

毎日、どんどん暑くなりますね。
もう、初夏って感じですね!

これからの季節は日焼け止めクリームは必須。例え部屋にいる時間が多くても日焼け止めクリームを塗っておく方が良いです。

日焼け止めクリームの選び方を書きたいと思います!

まずは…日焼け止めクリームに表示されているSPF・PAについてです。

★SPF
主にUV-Bを防止する役割があります。数字には日焼けを防止する強さ、時間を表しており、数字が高い方が強く長く日焼けを防止してくれます。

★PA
UV-Aを防ぐ役割があり、「+」で強さが表されます。
+が多いほど色素沈着を防ぐ効果が高くなります。

SPF、PA高ければ高いほど良いというのではなく、お肌に負担がかからないようにシーンで選ぶようにしましょう!


日本化粧品工業連合会より

★お部屋にいる時〜1時間以内のお出かけ
「SPF10~20、PA+」の日焼け止めを使いましょう。
お部屋にいる時も油断は禁物です!

★数時間の外出
「SPF20~30、PA++」の日焼け止めを使いましょう。
晴れたお天気には帽子、日傘もお忘れなく。

★数時間の軽い運動
野外で、数時間程度のスポーツでは、「SPF30~50、PA+++」の日焼け止めを使いましょう。こまめに汗を拭いて塗りなおしましょう!

★炎天下でのレジャーやスポーツ
キャンプやハイキング、野外でのスポーツには「SPF50、PA+++~PA++++」の日焼け止めを使いましょう。この場合もこまめに塗りなおすように心がけましょう。

★海やプールなどのマリンスポーツ
「SPF50+、PA++++」の日焼け止め、ウォータープルーフタイプを使いましょう。こまめに塗りなおすことがとても大切です。

お顔の日焼け止めはとても大切ですが、体も日焼けしてしまいます。
首、腕、足にもしっかり塗って下さい。

そして、最後に。
日焼け止めはお肌に負担がかかりますが、それでも紫外線を浴びるよりお肌に良い事をしっかりと覚えておいて下さい!

明日は成分で見る日焼け止めの選び方を書きます!

関連記事

  1. ダンベルと仲良し

  2. ネット予約ボードスタート

  3. 顔のゆがみ、美容鍼のアプローチ

  4. オレンジスイートとローズマリーで気持ちをスッキリと

  5. キウイフルーツで暑さすっきり

  6. 駆け込み🐥✨