お灸で冷えすぎ予防

みなさま、こんにちは

今日も暑いですね。今日は蒸すような暑さがあります。少し動くと汗が出てきます。

冷房の効いたお部屋の中にいても、暑く感じる事があり、さらに温度を下げるのですが、入浴して体を温めると今までと同じ温度のお部屋でも寒く感じる事があります。

体が冷えるとさらに涼を求める感じがあります。冷え過ぎるのはよくない事を実感しています。

サロンで使用している箱の温灸を自宅でも使用しています。

お腹や腰をゆっくり温めています。

すると、汗が不思議と止まります。そして体が動かしやすくなります。

箱の温灸でなくても、せんねん灸でお腹や腰にお灸をしてもとても気持ちが良いです。

お灸の温め方は入浴や岩盤浴で温めるのとはまた違う気持ち良さがあります。

体が冷え過ぎないようにお灸してみませんか?

本日も最後までお読み頂き、ありがとうございます。

関連記事

  1. お腹の調子が悪い時の肌荒れに効くお灸

  2. お花のお茶で一息

  3. お肌の炎症をおさえるセット

  4. 肩こりのための体操

  5. デリケートなお肌にして欲しいこと

  6. これからの季節にピッタリ