冷たい食べ物とお灸

みなさま、こんにちは

急な暑さに体が追いついていかずに、知らず識らずのうちに軽い熱中症、脱水症状なりがちです。どうぞご注意ください。

そして冷たい食べ物や飲み物が恋しい季節です。冷たいものは体を冷やすので良くないとわかっていても飲んだり食べたりしてしまいます。

胃付近を触って冷たかったり、少し押してみて硬かったりしたらお灸をしてみてください。

中脘というツボです。おへそとみぞおちの中間にあるつぼです。

お灸は一番温度が低いものを選んでください。

できれば毎日やって欲しいです。特に冷たいものがお好きな方は。

胃がスッキリした感じがします。心地よく食べれないと夏バテしやすいです。

心地よく食べることは健康にも美容でも大事なことと思っています。

本日も最後までお読み頂きありがとうございます。

関連記事

  1. 東洋医学の五臓のはたらきと「しわ」の関係

  2. ハリアージュ式の美容鍼

  3. ピンクをとりいれてHAPPYに❤️…

  4. 筋肉を揺らすことが大切です。

  5. もう日差しが強い

  6. 「糖化」を抑えるとお肌は変わる