日焼け止めとビタミンD

みなさま、こんにちは

今日は梅雨の中休み、爽やかな気持ちの良いお天気です。

外出される方は紫外線対策、コロナ対策を忘れずにお願い致します。

今の時期の紫外線は深部まで届きやすいので、どうぞ日焼け止めを丁寧にお塗り下さい。

紫外線を防ぐことはお肌のためには重要な事ですが、実は紫外線を浴びる事で体の中でビタミンDが作られています。

紫外線を全く浴びないとこのビタミンDが不足する事があります。

毎日15分ほど弱い紫外線を浴びると良いのですが、それでもお肌のダメージは受けてしまいます。

ビタミンDは骨の代謝に関係するホルモンですが、今は骨の代謝以外でも体に重要なビタミンとして注目されていますので、絶対に紫外線からお肌を守りたくて、日焼け止めを丁寧に塗る方は、ビタミンDが多い食品やサプリメントを摂る事も大切です。

ビタミンDを多く含む食品は鮭です。特に紅鮭が良いです。

本日も最後までお読み頂き、ありがとうございます。

関連記事

  1. ピンクのバラの花言葉

  2. 「しわ」に効果的なお顔のツボ

  3. 飲む日焼け止めの使い方

  4. 女性のめぐりとニキビ②

  5. 冬はとにかく保湿を

  6. 急な冷えにはお灸をしましょう。