塗らない日焼け止め

みなさま、こんにちは

今日も暑いくらいですね。

空気も乾燥していますので保湿と紫外線対策よろしくお願い致します。

最近は塗らない日焼け止め、と言うのがありまして、そう、飲む日焼け止めです。

飲む日焼け止めの役割は紫外線によって受けたダメージを修復する成分を前もって体の中に入れておく。と言う事です。

例えば、紫外線を浴びると体は酸化するのですので抗酸化成分を摂取する、という感じです。

紫外線から肌を守り、肌を黒くするメラニンを抑える成分など、

紫外線を浴びて身体に起こるダメージを防いだり、修復してくれる成分を含んでいます。

私は飲む日焼け止めとされている成分をずっと前から飲んでいますが、特に日に焼けなかったと実感がなかったので、日焼け止めクリームは必ず使用する事にしています。

私の経験上は併用する方が良いと思います。

本日も最後までお読み頂き、ありがとうございます。

関連記事

  1. 変わりやすいお天気に温度調整とお灸

  2. 「しわ」を東洋医学で考える

  3. 食品のGI値と選び方

  4. 鍼灸が炎症によい理由

  5. 青汁で角質の水分量が8倍!

  6. 秋の気配