日焼け止めの使い心地の差

みなさま、こんにちは

今日は暖かいのかな寒いのかなと思いながら暖房の温度を変えております。

毎日お客様をお迎えする時にお尋ねしますが、個人差が大きい時期です。

今日は日焼け止めクリームの高い心地ののお話をします。

紫外線からのお肌の守り方は2種類あります。

1つはお肌の表面に膜を作って紫外線からお肌を守る方法。

もう一つは紫外線のダメージを起こす成分と反応して無毒化するもの。

前述の方は白浮きしやすく重たいつけ心地になってしまうのですが、汗や洋服などで擦れたりしなければ、長時間お肌を守ってくれます。

後述の方は付け心地が軽く白浮きもし難いのですが、紫外線の量が多いと反応してお肌を守る成分が減っていくので、塗り直りが必要です。

日焼け止めクリームはこれらの効果のある成分がバランスを考えて入っています。

日焼け止めクリームを選ぶ時の参考になったらと思います。

例えば塗り直しをしにくい環境であればお肌に塗った時に少し白っぽくなるくらいのものの方が良いと言う事になります。

塗り直りがしやすい環境におられる方は白浮きせずに軽いものを選ぶと良いと思います。

デイリーに使うもの、特別な環境の時に使うものなど、使い分けて紫外線をブロックしていきましょう。

本日も最後までお読み頂き、ありがとうございます。

関連記事

  1. これからの季節にピッタリ

  2. スッキリした香りのオイルで保湿

  3. 春はそこまで

  4. 今日はバラの日🌹

  5. 秋のデトックス

  6. 夏のお肌のケア