お花のお茶で一息

みなさま、こんにちは

毎日雨が続き、不安な日々です。

穏やかな雨になりますように。

今日は身体の余計な熱をとってくれるお花の薬膳茶のレシピをご紹介します。

薬膳の考えでは食品一つ一つを五性で分類されています。体に入って体を温めるか冷やすかの性質で分けるのです。

「熱」「温」「平」「涼」「寒」

今日、ご紹介するのは

緑茶、菊花、くこです。

緑茶の五性は「涼」菊花の五性は「寒」

この組み合わせで身体の余分な熱をのぞきます。

くこの五性は「平」で身体の寒熱には作用しません。薬膳では滋養強壮、不老長寿の妙薬と考えられていて、ビタミン類ミネラル類が豊富です。

そして、見た目がとても可愛くなります。

カップに菊花を3個ほどくこを5,6粒ほど入れます。お急須に緑茶とお湯を入れて2分ほどおいてカップに注いで出来上がりです。

スッキリとした味でとても飲みやすいです。

今の時期にとてもおすすめのお茶です。

本日も最後までお読み頂き、ありがとうございます。

関連記事

  1. 「しわ」に効果的なツボ

  2. 寒暖差に負けないために

  3. 春はデトックス

  4. 気圧の変化に効くお灸

  5. 温め対策を本格的に始めましょう

  6. 「糖化は老化」