夏を心地よく過ごすためのお灸

みなさま、こんにちは

お灸は熱いイメージがありますが、熱感がやわらかいお灸があります。

夏は冷房で体が冷えますが、冷房を入れないと熱中症になってしまいます。調整がとても難しいです。体の冷え過ぎさせないようにお灸をおすすめします。

特に内臓を冷やさない事はとても大切です。おへその上部に掌を当てて冷たい方は中脘(ちゅうかん)というツボにお灸が良いです。

暑くなると冷たい飲み物が美味しくなりますが、飲み過ぎると冷たくなり、軽く押すと固く抵抗を感じます。このような状態が長く続くと体の疲れが取れなくなったりします。

中脘(ちゅうかん)というツボにお灸 を続けるとお腹の上部を触ったときに温かく感じ、軽く押したときに柔らかさを感じてきます。

今年の夏の暑さは厳しそうなので、早くからケアしましょう。

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

関連記事

  1. 東洋医学でみる秋

  2. 女性ホルモンと美肌

  3. 百合。

  4. 色んな年代の方へ美容鍼灸を

  5. おうちに長くいても、体型を保つ

  6. お腹の味方のさらに追記