日焼け止めの使い心地

みなさま、こんにちは

今日もしっかりと紫外線対策していきましょう〜。

さて日焼け止めの強さについて書きましたが、今回は日焼け止めの使い心地、さらっとしてたり、白く残ってたりと同じ日焼け止めでもお肌の感じは全然違います。この違いについて今日は書きたいと思います。

お肌に紫外線を吸収させない方法は2つあります。

一つは成分が化学的に紫外線と反応して違う成分に変化することでお肌の紫外線吸収を防ぐ方法

この成分の長所は塗った時のお肌が軽いところ、短所は紫外線の量が強いほど、成分が反応し成分が少なくなってしまうので塗り直しが必要なところ。

もう一つはお肌の上を物理的にカバーしてお肌に紫外線を吸収させない方法。ちょうどラップみたいにお肌をコーティングして紫外線の吸収を防ぎます。

この成分の長所は紫外線に反応して成分が変わらないので塗り直しの必要があまりないところ。もちろん汗などで流れた場合には塗り直しは必要です。短所はお肌に塗ってる感じが残るところ。

この2つ性質をもつ成分がバランス良く組み合わされて、さらに保湿剤やお肌をきれいにみせる成分などもプラスされて日焼け止めの商品ができています。

例えば、塗り直しができる環境かとか、お肌の相性とかで選ぶ事ができます。

使い心地が軽いタイプだと紫外線が強い時はこまめに塗り直したり、塗った感じがカバーしてるようでしたら汗で流れた時に塗り直ししたりと、日焼け止めを効果に使う事ができるかと思います。

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございます。

関連記事

  1. 紫外線の日々のケア

  2. はとむぎでしわ改善

  3. 今日は母の日✨

  4. SPF、PAを強化しました

  5. 梅雨が始まる前に・・・

  6. 春はそこまで