1日遅れの七草粥

みなさま、こんにちは

今年は例年のような厳しい寒さはありませんが、空気の乾燥や風邪はありますので、どうぞ、ご注意下さい。

昨日は1月7日七草粥を食べる日でした。七草は「せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ」と今では聞かない野菜の名前ばかり。手に入るのはせりと大根とかぶの事であるすずな、すずしろでしょう。

寒さの中に芽を出した植物の力を体に取り入れる事とお正月に食べ過ぎた胃腸を休める事この2つが大きな由来かと思います。

難しい考えず、おかゆに大根、大根の葉、かぶ、かぶの葉、みつば、白菜や小松菜でも良いです。なじみの野菜を軽く茹でて細かく刻み、おかゆの中に混ぜるだけです。

1日遅れですが、胃腸を休めるのに良い機会です。七草粥はいかがでしょうか?

私は昨日もいただきましたが、今日もいただきます。お正月の食べ過ぎにちょうど良いです。

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

関連記事

  1. 「しわ」を東洋医学で考える

  2. 冬のお肌は寒さと乾燥の戦い

  3. むくみを解消しましょう。

  4. 百合。

  5. 読書の後にお灸

  6. 今日はバラの日🌹