秋の食養生

みなさま、こんにちは

暑いながらも、涼しい風を感じたり、秋の気配を感じるようになりました。

秋を感じると言えば、食べ物でもぶどうや梨、そして栗です。

今日は栗のことを書きます。

栗は、中国の古書では「主に気を益し、胃腸を厚くし、腎気(精気)を補い、飢えに耐える体力をつける」とあります。

薬膳食材としては「味は甘、性質は温。効用は胃や脾の機能を高め、精気を補い、筋力を強める」とあります。

最近は残暑が厳しく、「なんとなく元気が出ない、食欲が出ない、お腹の調子が悪い(慢性の下痢)、動きたくない」と感じる方に向きます。

和菓子屋さんにも栗のお菓子が並んでいます。栗のお菓子を食べる時は、体が糖化しないように、緑茶を添えたり、お店で紹介している青汁は「抗糖化」に特化してます!飲みやすいので、ぜひお試し下さい。

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

関連記事

  1. 女性のめぐりとニキビ③

  2. 顔のゆがみ、美容鍼のアプローチ

  3. お抹茶の美肌効果

  4. 虹🌈

  5. 季節の変わり目のお肌を東洋医学でケア

  6. 寒くなりました…