「糖化は老化」のまとめ

みなさま、こんにちは

今日も真夏のような暑さになりました。

紫外線対策と共に熱中症には十分お気をつけ下さい。

先週、 同志社大学生命医科学部糖化ストレス研究センター、チェア・プロフェッサー教授の八木雅之先生 のお話を聞いて書いておりました。

私の頭を整理するために、まとめます。

糖化とはタンパク質と糖が合わさる事によって化学変化を起こし、AGEs(終末糖化産物)ができる。例えばお味噌の色やパンを焼くと、黄金色になったりすること。これが体の中でも起きていて体に AGEs(終末糖化産物) がたまるとお肌が黄ばんできたり、筋肉に弾力が失われ固くなる。

糖化を防ぐには食事が大事です。

①適度な運動をする。

・余分な糖を消費する

②血糖値の上がりにくい食生活。

・食後の高血糖を避ける

③糖化反応をコントロールする。

・抗糖化素材の活用

紫外線、喫煙、ストレスなどでも 糖化は進みます。

糖化は全身の健康にも影響します。

糖化を抑える事を「抗糖化」と言います。

「抗糖化」成分が入ったお化粧品を使うと肌のキメが細かくなったデータがあります。お化粧品を選ぶポイントの1つになります。

体はタンパク質でできていて、糖は大事なエネルギー源です。両方とも大事なもの。

「糖化」は「若返り美容と健康」のキーワードの一つです。

関連記事

  1. 腸美力。

  2. 驚きの効果✨

  3. お店のカード✨

  4. 「しわ」に効果的なツボ

  5. お腹の味方、の続き…

  6. 花粉症を改善する食事