紫外線ケアを体の中から

みなさま、こんにちは

きょうも、もう、夏?って思うくらいに暑いです。
紫外線も強いです!
みなさまケアしていきましょう!

今日も紫外線ケアです。
今日は体の中から。

紫外線を浴びると体の中では活性酸素が発生します。
この活性酸素が体の酸化を促進させ、老化に繋がります。
この体の酸化を抑えることが大切です。

元々皮膚の中にも「ウロカニン酸」「グルタチオン」といった抗酸化物質があります。
これらは加齢とともに減ってしまうため、食べ物から補給することが必要です。

抗酸化物質としてはビタミンA・C・E、そしてよく耳にするポリフェノールがあります。
加熱したトマトに多いリコピンも体の酸化を抑えてくれます。

シミ・ソバカスを抑え、コラーゲンの生成に必要なビタミンCは積極的に。

関連記事

  1. ベジタブルファーストの誤解

  2. 「しみ」のお話

  3. ✨お知らせ✨

  4. コーヒーのクロロゲン酸効果

  5. お腹の味方、の続き…

  6. 紫外線を浴びた後のお肌のケア