女性のめぐりとニキビ③

Salon de Hariargeの竹下です。

女性ホルモンのゆらぎを受けやすい敏感肌の方、特にニキビが気になられる方は

ビタミンB6が不足しているかも⁈

というお話でした。

ビタミンB6を多く含む食品は…

お魚だと、まぐろ、かつお

お肉だと豚肉(ヒレ)鶏肉(ムネ、ささみ)

お米を同じ量の玄米に変えると10倍以上のビタミンB6を摂る事ができます。

他にはバナナ、ピスタチオなど。

腸内細菌もビタミンB6を作り出しましので、

乳酸菌など、発酵食品で腸内を元気にする事も大切です。

 

未来の体と心とお肌のために

鍼灸とともにサポートできたらと思っています。

ぜひ、参考にして下さいませ。

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. お腹の調子が悪い時の肌荒れに効くお灸

  2. 春を養うお灸

  3. 日焼け止めの選び方

  4. 柑橘系フルーツの美肌効果

  5. おひとり、おひとりに合った施術を

  6. サプリで体の中から美肌へ