ダイエットしたいけど主食はしっかり食べたい!方へ

Hariarge の竹下です。
前回より血糖をなるべく上昇させないように食事をするようにポイントをおいたダイエット法を紹介してきました。
今回は主食であるデンプン類を食べてもさらに血糖を上昇させないようにして、ダイエット+αの効果のあるというお話です。
でんぷんに水を加えて加熱するとα化して消化吸収しやすくなります。吸収したものをエネルギーとして利用しています。
このα化したデンプンを冷やし、消化しにくくし、吸収されにくくなり、すると腸内で食物繊維と同じような働きをします。
これはレジスタントスターチと言います。これが腸内細菌のエサとなり善玉菌が増えます。

マウスの実験ではありますが、
高脂肪食のみのマウスでは体重が増え続けたのに対し、
レジスタントスターチ入りの高脂肪食を摂ったマウスは
体重が減り、さらに脂肪肝、糖尿病も改善したそうです。

レジスタントスターチの研究が進んで、、、
個人的にはいずれ定食屋さんなどで、温かいご飯と冷えたご飯を選べるようになれば良いのになぁと思います。
唐揚げやとんかつとか冷たいご飯とだったら体重が減るなら、しかも生活習慣病のリスクも減るのなら、アリと思うんだけど。。。

次回にレジスタントスターチの作り方を書きますね!

関連記事

  1. 美容鍼灸の後のセルフケア

  2. 季節の変わり目のお肌を東洋医学でケア

  3. 効果を高めるために

  4. 日焼け止めを賢く使おう!続

  5. お部屋が暖かくなる香り

  6. 腰痛に効果的な鍼とお灸✨